2006年 夏合宿 剣沢

2006年  夏合宿集合地  剣沢

友情の人材山脈を!

2006年 夏合宿集合地 剣沢


12日、剣沢にて

  2006年の夏合宿は、北アルプス北部を中心に行われました。8月6日に八王子を出発して、折立−太郎兵衛平−スゴの越−五色が原−雷鳥沢−剣沢というコースを、現役生は、CL:桑江君(33期)、SL:有馬さん(35期)、山本さん(35期)、食当・記録:大曾根君(36期)、西森君(36期)、西山君(36期)、宮本君(36期)、F:岡部君(31期)、大友君(33期)の9人隊で縦走。、無事11日に集合地・剣沢に到着しました。

  現役生集合地隊は、34期小野君、33期前田君、32期久保さんが11日に集合地入りしました。
OBOGでは、11、12、13日の3日間の内、前後して、10期関根さん、20期松島さん、鈴木さん、22期松島さん(妹)、八木沢、24期田中広樹さん、26期中本さん、27期田口さん(姉)、30期田口さん(妹)、31期久保田君、綿貫君の10名が集いました。天候の都合で13日に剣ピストン、全体会を行い、14日無事に下山しました。

  今回の集合地は、有馬部長が、「OBOG全員集合の集合地にしたい!」という思いで、卒業生全員に宛ててハガキを発送してくれました。私も部室を訪ねたとき拝見しましたが、沢山のOBOGから返信が寄せられ、現役生を激励してくださいました。創立35周年という佳節の夏合宿を、このように有意義に、盛り上げてくれた有馬部長はじめ現役生の皆さん、本当にありがとう!!開学40周年への意義深き集合地となったことでしょう!

  創立者・池田先生は、第36回入学式で、新入生に訴えられました。
『−−−  本部棟には、イタリア・ルネサンスの巨人、レオナルド・ダ・ヴィンチの立像がそびえ立っています。ダ・ヴィンチは、君たちに、深く静かに語りかけています。
「正義は、力と賢明さと意欲を必要とする」
どうか、正義によって立つ一人の青年が、どこまで強くなれるか。どこまで賢くなれるか。偉大な青春の挑戦を、きょうから開始していただきたい。自分自身の偉大な歴史を残していただきたい。 青春を無駄にしてはなりません。

   さあ、現役生諸君!君たちの新しい挑戦で、大いなる人材山脈を、友情の人材山脈を築いていってくれたまえ!(2006.10.7 E.Yagisawa)  

2006年活動報告へ