2003年夏合宿集合地 涸沢

2003年夏合宿集合地 涸沢
2003夏合宿集合地 涸沢

19日朝 涸沢にて
 2003年の夏合宿は、北アルプスを舞台に男子1隊・女子1隊で行なわれ、男子は8月3日から黒部湖〜平〜五色ヶ原〜薬師岳〜黒部五郎岳〜三俣蓮華岳〜槍ヶ岳〜常念岳〜横尾を経て17日無事に集合地涸沢に到達。女子は10日から新穂高温泉〜わさび平〜双六岳〜槍ヶ岳〜横尾(蝶ヶ岳ピストン)をたどり同日無事に涸沢入り。今年は台風10号など悪天が多く、男子隊で晴れた日が涸沢までに4日しかなかったそうです。現役4年生5人と27期四辻さんの集合地隊も同日涸沢に集いました。


17日早朝 徳沢にて

 今回OB・OGは、4期小林さん(親子)、9期角田さん(ファミリー)、田中俊彦さん、柳原さんが16日に徳沢に集結。翌日に22期八木沢が徳沢入り。18日、10期関根さん、22期中嶋さん、八木沢、28期長渕さんが涸沢入りして、現役生に差し入れをしました。22期加島さんは今年も長野県山岳救助隊に参加して涸沢に駐留していたため、時折テントに顔を出すなど元気な姿を見せてくれました。
 現役生は18日、前日からの雨が一時止んだので、奥穂高岳をピストン。しかし天候は回復しないまま雨が翌日も続いたため、19日午前、徳沢に移動することに決定。その日の午後に徳沢へ移動しました。19日夕方より天候が回復。下山日の20日朝、快晴の下、徳沢で全体会を賑やかに行いました。そして下山後、松本にて現役生は5期武田博仁さんと食事の後、八王子へと帰途についたのでした。
 試練の嵐と雨を乗り越えて、現役生は身心ともに、一回りも二回りも逞しくなったに違いありません。(2003.8.23 E.Y.)

2003年の活動報告に戻る