富 士 雪 訓 2002

富士雪訓2002 前編)

富 士 雪 訓 2002

** 2002年 雪上訓練報告 **

今年も雪上訓練に行ってきました。場所は例年どおり富士山5合目です。2月の2日に買出しパッキングを済ませ、次の日の早朝に出発し、2月6日までの3泊4日、下記の隊編成で行ってきました。(文:30期広岩 雅昭、撮影:27期大塚 啓一)

A隊 CL 浅井尊弘(29期:部長:3年) SL 玉田哲律(30期)・三浦時広(30期) 

   食当 久保田友樹(31期)・星名明男(31期) 記録 矢野塁(31期)

B隊 CL 大塚雅昭(30期) SL 広岩雅昭(30期) 食当 綿貫仁志(31期) 

記録 岡部和義(31期)  大塚啓一(27期)

C隊 CL 長渕幸代(28期) SL 石橋陽子(30期) 

食記 左々敬子(28期) 二村副顧問

5合目への登りのこの日は大雪でした

 

副顧問二村さんと女子隊(左から30期石橋さん、28期長渕さん、左々さん)

初日は中の茶屋までタクシーでいってそこから登り始めました。本来の計画としては12時ごろには佐藤小屋に着いて、それから雪訓を予定していましたが、結局ついたのは4時過ぎで、その日はそのままテン場にテントを張る。

5合目の雪訓場所の斜面・・・バケツを掘る部員と二村副顧問

ご存知、アイゼンの着脱練習

次の日は、5半ー7でテン場を出発し雪訓場へ。ただ三浦君が熱を出したとのことで、一人テン場で養生ということになりました。雪訓場につくとバケツ掘りから始まり、その日はひたすらつぼ足・アイゼン歩行をくり返しました。この日は昼過ぎで二村さんが帰られました。お忙しいところ参加していただき、本当にありがとうございました。さらにこの日はそれまでの天気予報では、悪天と伝えられていましたが終日快晴で、気持ちよく練習ができました。                  ――後編へ続く

2002年活動報告へ戻る