24期田中広樹さん カシタシ主峰(セリッククラムムスターグ=現地名、6691m)初登頂

24期田中広樹さん カシタシ主峰(セリッククラムムスターグ=現地名6691m)初登頂

山頂にて(2001年8月12日)

現地にて

24期の田中広樹さんが、中国・新疆ウイグル自治区、崑崙山脈の未踏峰・カシタシ主峰(セリッククラムムスターグ=ウイグル語名=「黄金色の岩稜の山」の意、6691m)に、信濃高等学校教職員山岳会(信高山岳会)の登山隊の一員として、8月12日午後3時7分(日本時間同午後4時7分)、初登頂に成功しました。

登山隊は、宮本義彦さん(中野実業高校教諭、56歳)を隊長に、大西浩さん(木曽高校教諭、41歳)、下岡英樹さん(松本筑摩高校教諭、39歳)と初参加の田中広樹さん(会社員、25歳)の計4人。4人全員で登頂アタックを行い、成功しました。

信高山岳会は昨年、13人の登山隊で挑戦したが例年にない悪天が続き、残念にも6450mを最高に撤退。今回の再挑戦は、(偵察を含め)3年がかりの悲願の達成でした。

広樹さんは「多くの方に支えられ、夢を一つ実現できました。チャンスを逃がさないように、次の夢に向かってがんばっていきたい」「将来、一番高い山に三色旗を立てたい」と希望を語っていました。

広樹さんおめでとうございます。2001年を飾る、嬉しいニュースですね!

この初登頂は信濃毎日新聞をはじめ、岳人11月号(東京新聞出版局発行、p123)、聖教新聞(10月25日)で報道、紹介されました。

なお、関連するホームページのリンクは下記のとおりです。

長野県山岳協会HP 新着情報 カシタシ登頂(信濃毎日新聞スクラップ)

カシタシ主峰に刻んだ足跡(信濃毎日新聞スクラップ)

Produced by E.Yagisawa, collaborate with Shouji Tanaka  2001.11.18

2001年活動報告トップへ戻る